在日コリアンの独白



「闇に消される原発労働者」を読んで

 初めて原発被曝労働者の事実を知ったとき、私はこの日本という国が如何に虚飾に満ちたものなのかを知った。

 まだ自分が若かった頃、私は日本という国は、侵略戦争の反省から作られた世界に誇れる「平和憲法」を持ち、確かに差別とかはあるにしても戦争を放棄した平和な国だと学校で教わった通りに思っていた。
 しかも「世界で唯一の被爆国」であり、そんな国は核兵器なんて開発しないし、被爆者なんて生み出さないと勝手に思い込んでいた。
 しかし・・・。

 樋口健二さんの「闇に消される原発労働者」というこの本を読んで、それまでも私の「平和国家日本」「豊かな国日本」のイメージはすっかり崩れ去った。私はこれまでマスコミで流されている虚飾により勝手にそう思い込まされていただけなのだと・・・。

 日本に50基以上ある原子力発電所。テレビではコンピューター室の画像だけが流れ、あたかもハイテクな原発では安全な場所でしか人間が働いていないかのようである。
 しかし、放射能が充満している原発内部で、何も放射能の危険性を知らされていない日雇い労働者たちが年間何万人という規模で働かされ、被曝しているのだ。
 そして、わずか数日原発で働いたために被曝による白血病や原発ぶらぶら病で働くことも出来ず、かといって補償を受けることも出来ず、亡くなっていっているのだ・・・。
 こんなことが日々「原子力発電はクリーンなエネルギー」の名の下に繰り返されているのだ。
 
 東海村JCO事故は記憶にまだ新しい。あの時も作業員が大量の放射線を浴びて亡くなった。しかしあのニュースは大々的に報道された。けれど日常的に生み出されている原発被曝労働者のことは全く報道もされず、騒がれもしない。これが「世界で唯一の被爆国・日本」の実態なのだ。
 
 まさに日本社会の暗部として徹底的に隠蔽され「闇に消されて」いるのが原発被曝労働者たち。
 「クリーンで地球温暖化の原因となるCO2を出さないエネルギー」と電力会社が宣伝している裏側でどれだけ多くの人々が犠牲になっているのか、その真実を私達は知らなければならない。決して「知らない」では済まされない重たい事実がこの本にはある。

 大体、数万年もの気が遠くなるような期間を管理しなければならない放射性廃棄物を大量に生み出しておいて、一体何が「クリーン」じゃ、とも言いたくなる。私達が歴史を学ぶにしても
人類の有史などわずか数千年のことに過ぎない。そんな気が遠くなる期間を、一体誰が「安全に保管できる」などと言えるだろうか?
 後世の人類にとって負の遺産にしかならない放射性廃棄物を生み出し続けている、そのこと自体が、狂気の沙汰としかいいようがない。

 原発は世界中からなくすべき、人類にとって「負の遺産」でしかない。
[PR]
# by chappy_crowassant | 2007-10-27 23:13 | 原発

韓国語ドラマで勉強する韓国語

 最近、韓国へ行って来た。4年ぶりの韓国訪問だ。

 2年ほど前から、ほとんど韓国語を意識的には勉強しておらず、それ以前に少しだけ勉強した自分の韓国語能力も、さぞかし落ちているだろうと思っていたら、意外にも聞き取りは4年前と変わらないぐらい出来たので驚いた。

 それはひとえに、この間、「韓国語の勉強」などとと強弁しながら、ただ単に面白いから韓国ドラマを見続けた成果かもしれない。

 吹き替えではない字幕の韓国ドラマを見ていると、何となく耳が韓国語になじむというか、適応する、ということはあるようだ。

 最近字幕で見ているのは、「海神」、「ファンタスティック・カップル」、「ホジュン」、「復活」、たまに「宮s」などであるが、是非「チュモン」も吹き替えではなく字幕で見てみたいものである。
 確かに「チュモン」は俳優のイメージにあった声優さんばっかりなので、「冬のソナタ」のチュンサンの声が萩原聖人の時みたいな「あちゃ~」感はないが、しかし、本人たちの地声がどうなっていうるのかが、気になって仕方ないし、やはり韓国語勉強の観点からも元の台詞が気になる。

 たまに翻訳が意訳だからか、もとの韓国語とかなりかけ離れた字幕が出ていることもあり、そういうのを見るにつけ、吹き替えならますます元がどう話しているかもわからないじゃないか~と思ったりする。

 さて、今回確かに私は韓国語を聞いて大体はなんとなくわかったのであるが、スピーキングは自分で努力しないとやはりだめなようだ。聞けることと話せることの間には、情報の入力と出力という全く逆ベクトルであるがゆえに、天と地ほどの差があることも痛感した。

 しかしながら、聞いても何を言われているかわからないよりはわかったほうがやはり楽しいものだ。たしかに自分が相手の言ってることが理解できても自分が話せないともどかしいものでもあるのだが・・・。

 ハングルも覚えるまでには苦労したが、一旦覚えてしまうと、意外に忘れないものだ。

 ハングルが読めるようになるだけで、韓国の街中にある看板などが結構読めるようになり、何のお店なのかわかるようになるから、文字が読めるようになるだけでも全く違いがある。
 
 しかも、韓国語は7割は漢字語で、英語をそのままハングルで置き換えただけの外来語も日本と同様結構多いので、漢字とハングルの法則(ひとつの漢字はひとつの読みしか韓国語ではない)とハングルの読みがわかるようになっただけでも、外来語は大体なんとなく発音でわかるし、漢字語なら知らない単語でも、前後の文章の意味とハングルの表記で大体の意味が推測できてしまう。

 今回私も親戚の家に滞在中、新聞やチラシを見せてもらったが、新聞はさすがに文章も長くて苦しかったが、チラシ程度なら、ほとんど理解が出来た。

 それにしても今回改めて思ったのは、日本で韓国語を勉強しているよりも、やはり現地で四六時中韓国語を聞いていたら、必要性にも迫られて、飛躍的に韓国語が上達するだろうな、ということだ。

 当たり前のことかも知れないが、わずか2・3日滞在しただけでも、色んな単語がどのようなシチュエーションで話されたり、使われたりしているのか見ることで、大体単語の意味もわかってくるから不思議なものだ。

 結局、言語が人間が自分以外の相手に必要なことを伝える手段である以上、そのような場に自分の身をおくことが一番の上達の早道なんだろうと思った。

 やはり韓国語上達のためには韓国に住むのが一番のようだ。

 
[PR]
# by chappy_crowassant | 2007-10-27 22:48 | 韓国語

お気に入りの韓国ドラマ 私の名前はキムサムスン

 日本ではすっかり韓国ドラマを好んでみる人々が定着しましたね。
 いまでもBSでは週に何本も韓国ドラマをしています。

 勿論わたしも、「韓国語の勉強」などと強弁しながら?毎週楽しく韓国ドラマを見ています。

 それにしても、本当一昔前とは隔世の感がありますね・・・。

 昔は普段通名(つまり日本名ってこと)で生活している自分が、在日コリアンであることを人に打ち明けづらかったですが、いまは打ち明けやすいし、私が韓国人って知ったら、かえって「韓国語教えて」とか言われるぐらいです。

 まあ、最近韓国語を勉強し始めた私が、どうして韓国語なんか教えられるでしょうか?状態ですけど。
 はっきりいって私の韓国語能力など現在のところ、韓流にはまってしょちゅう韓国旅行しているおば様たちに比べたら、ひよっこみたいなもんです。

 実際、民団の韓国語教室に通っていたときも、在日の若い人なんて私以外は誰もいなくて、他は日本人のおばさまたちばかりです。しかも上手い! 

 こんなときは、さすがに、ネイティブ韓国人である母が、私に小さいときから韓国語を教えてくれなかったことを少しばかり恨めしく思います。
 

 さてさて、ドラマの話に戻ります。
 最近は、「チュモン」や「海神」といった時代物から、「復活」や「ファンタスティックカップル」などシリアスなものからコメディーものまで楽しんでみてますが、今のところ、いままで見たドラマの中で、一番のお気に入りは「私の名前はキムサムスン」です。

 このドラマ、日本で普通に放送されているものは、残念ながらカットされているものが多く、このドラマの良さがカットによって半減されていて、実に惜しいドラマです。

 このドラマを見るなら、絶対に、ノーカット版に限ります。

 ストーリー自体は、パティシエで、小太りのあまりもてない主人公キム・サムスンが、金持ちでハンサムだけど、実は暗い過去を持っている年下の社長の下で働くことになり、ふたりはお互い段々惹かれて行くという、まあ典型的なシンデレラストーリーのようなドラマです。

 ストーリーだけ見ていると何が良い?って感じかもしれませんが、このドラマのそこかしこに散りばめられている登場人物たちの台詞が、実に心に来るものがあります。

 基本的に明るくてタフなサムスンも、やはり恋愛で落ち込むこともあって、そんなときに彼女がつぶやく台詞たちが、実に意味が深くて、共感させられる。


 ラストでも、結局二人は「めでたくゴールイン!」と単純にならず終るのがまた良いのです。

 そしてラストに流れるサムスンの台詞。

 アルフレッド・D'スーザという詩人の詩を引用しながら、

          
  「踊りなさい 誰も見ていないように
  
  愛しなさい 傷ついた事がないように
  
  歌いなさい 誰も聴いていないように
  
  働きなさい 金が必要でないように
  
  生きなさい 今日が最後の日のように」


 この台詞に続いて発せられるサムスンの台詞。

 「今、私がすべき事は分かっている。
  
  一生懸命ケーキを焼いて、
  
   一生懸命愛すること
   
   今日が最後の日のように、一度も傷ついたことが無いかのように。
   
   私、キム・サムスンを愛すること」


  このドラマ、まさに最後で、ただの「恋愛ドラマ」の枠を超えて、サムスンと同じ世代ぐらいの女性達に、生きる勇気を与えてくれる、そんなドラマへと昇華してました。

 現にサムスン人気はいまだ衰えることを知らず、このドラマが日本のドラマも含めて、一番今まで感動した、何回も見ている、と言う人がやたら多いドラマです。

 私自身、人生にくじけそうになったりする時も、このドラマの最後の台詞のように、今を一生懸命生きることを放棄してはいけないと思います。
 そして、自分自身をまずは自分が好きにならなければ、一体誰が好きになってくれるのかと思うようにしています。
[PR]
# by chappy_crowassant | 2007-10-21 15:25 | 韓国ドラマ

ふざけるのはもうよし

 さっきニュースをみたら、「新しい歴史教科書を作る会」の藤岡が、沖縄戦で日本軍が自決に関与したことを教科書会社が抹消したことに対し怒った沖縄県民の集会に対して、大変冒涜するようなことを言っていた。
 藤岡曰く、「11万5千人が参加したというけれど、実態は1万人に過ぎない」。
 よくも、まあ、いけしゃしゃとそんなことが言えるものだ。
 
 実際集会に参加もしていない人間が、よくもまあ見てきたようにそんなことが言えるものだ。
 確かに11万人も参加してはいないかもしれない。大概集会やコンサートは大体で数を発表するものだからだ。
 しかし、多くの沖縄県民が怒っているという事実を、「数の問題」に矮小化しようとするところに彼の人間としての浅はかさを感じる。沖縄県民の声を「少数派」として切り捨てたい、そんな政治的な思惑がみえみえな発言だ。

 だいたい、彼らが作成した「新しい歴史教科書」では、かつての侵略戦争を賛美し、南京大虐殺や従軍慰安婦問題の抹消ばかりか、日本の戦争被害である長崎・広島の原爆被害のことすらまともに扱ってはいない。

 そこまでして戦争の悲惨さ、残虐性を隠蔽し、更には、それに抗議する声まで踏みにじって彼らが成し遂げたいことは何なのか、私達は考えるべきだろう。

 それは、どう考えても、戦争への否定感のない人間の量産、それ以外の目的などありえないだろう。
 
 戦争への道はまずは「教育」から。それはいつの時代でも同じだ。
 国が自分達にとって都合が良いように歴史の改竄をするときは、絶対何かしようとしているときと考えて間違いない。

 こういうイデオローグみたいな人間に限って、決して自分が戦争に行こうなんて思ってやしない。戦争でいつも辛い思いをさせられるには、私達一般庶民。

 自民党や財界の息の掛かった藤岡グループによって洗脳されたところで、犠牲になるだけなのが一般庶民の定め。
 かれらは国民を、単なる戦争の駒としかみてない。いつも自分達は安全な所に身をおいて高見の見物。小泉が良い例ではないか。靖国に参拝して特攻隊を賛美しておいて、自分は一度でもイラクやアフガニスタンの戦場に行ったことがあるか?
 一般庶民を戦争の駒みたいに思ってる、そんなやつらに好き勝手言わせてはならない。

 まさに社会の害悪藤岡一派。こんな戦争賛美の人間が闊歩する限り、子供にどうして、「人を殺してはいけない」などと教育できるだろう? 

 それはアメリカと言う国が国家的にヤンキーよろしくイラクやアフガンに侵略戦争していることに子供達も規定されて、学校で銃をぶっ放すのと同じだ。まさに、子供は社会の鏡です。
 
[PR]
# by chappy_crowassant | 2007-10-15 23:12 | 沖縄

沖縄の思い

私は大学時代に、大学を休学して、3ヶ月ぐらい沖縄の友達の家に住んでいたことがある。
 その時に、初めて、沖縄がただ海が美しい観光地じゃなくて、悲惨な戦争の舞台になった土地であること、そして戦後もアメリカ軍の基地によって苦しめられている島であることを知った。

 訪れたひめゆり資料館で聞いた、ひめゆり部隊の隊員だったおばあさんによるあまりにも悲惨極まりない沖縄戦の話。
 民間人が沢山しんだため、戦後沖縄の野菜が大きく育った。それは死者の栄養を吸って育ったからという話。
 バスで案内された美しい沖縄の島の各地に張り巡らされた、米軍基地の有刺鉄線。耳をつんざく戦闘機の騒音。これまで沖縄で起きた米軍被害で一体どれだけ多くの人が亡くなっているか。

 中でも、沖縄戦の話から私が知ったことは、軍隊と言うものは、一般庶民を守るためのものではない、ということだった。

 沖縄では米軍以上に、自衛隊が忌み嫌われている。その理由がまさに、沖縄戦にあった。一般市民を巻き込んだ勝手な戦争を沖縄で始めておきながら、邪魔になったら沖縄のひとを虐殺した日本軍。沖縄の方言で話すと勝手にスパイと決め付けて殺した日本軍。ガマに非難したときも赤ん坊がうるさいと銃剣で脅して、母親に赤ん坊を殺させた日本軍。

 確かに米軍の攻撃でなくなった方も多いが、その前にまず、自分達を守ってくれると思っていた日本軍によって酷い目に遭わされた沖縄県民。
 軍隊は一般人を守るためじゃなくて、当時であれば天皇を頂点とした日本国家の体制を守るためのものだったのだ。「国体護持」とはこのことか。そのためには沖縄県民の命など、なんとも思ってなかったとしか思われない。本土に襲撃されないための「捨て石」にされたのだ。沖縄は。
 
 そのうえ、捕虜になって辱めを受けるぐらいなら、自害しするよう沖縄県民に叩き込んだ日本軍。そのため、多くの若い命集団自決と言う形で、自ら命を絶った。

 それを今更、住民が死んだのは日本軍が関与したことじゃない、とか言ってる日本の政治家や教科書会社の見識をを疑う。

 沖縄県民を酷い目にあわせといて、その事実を隠蔽しようというからには、沖縄県民が黙ってるわけがない。
 今回の沖縄で11万以上の人が立ち上がって声を上げたことを、私達本土に住む人間は、決して、ひとごとと無視してはならない。

 海の美しいちゅら海沖縄。確かに海も美しいだろう。人も優しいだろう。
 でも、その背後に沖縄の人々が背負わされている深い戦争の傷跡を、しっかり私達は分かち合っていかなければいけないと、改めて思わされた。

 もともと平和な国だった琉球王国の地、沖縄に、基地もない平和が訪れるのはいつになるんだろう・・・。
 いつも美しい沖縄の海を見るたびに、景色があまりに美しいがゆえに、過去の歴史と現在の米軍基地を見て、余計に胸が痛む。

 特に私の場合は、沖縄県民の味わってきた苦痛が、在日韓国人が日本で味わってきた苦しみと重なり、非常によくわかるところがある。
 例えば、関東大震災。このとき警察が「朝鮮人が井戸に毒をまいた」とデマを吹き、民心を煽ったため、日本語がうまく話せない人は、朝鮮人をはじめ沖縄のひとも沢山虐殺された。そして本土での在日差別や沖縄差別。そして沖縄も朝鮮半島も戦争の犠牲にあったこと。
 そして政治家・教科書会社による、日本軍のもたらした朝鮮半島や中国における戦争被害の矮小化。正当化。
 だから余計に、沖縄の声が人事には思われない。 
 
おかしいことにはおかしいと声を上げなければ、何も世の中変わらないのだから、沖縄県民の行動力に敬服。
[PR]
# by chappy_crowassant | 2007-10-08 12:11 | 沖縄


日常のニュースを見て思うことや、在日コリアンとして感じることを、赴くままに書き綴る。ただし、ここは論争の場ではないので、政治的な問題に関し異議のある方は、ひとりの在日の考えとして聞き流して下さい。
カテゴリ
全体
沖縄
遺伝子組み換え
原発

韓国ドラマ
韓国語
日本と韓国
在日の歴史
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧